人気の手汗の制汗剤5選、買って試したので比較検証【通販編】

「手汗・手掌多汗症」に!とされている制汗剤を比較してみました。
前職で制汗剤は5,60種類以上、市場に出回っていない試用品なども使っているので、
ある程度正確な比較ができるんじゃないかなと思います!

制汗剤は、多汗症手術に抵抗がある方には、手軽に汗対策ができるのでお勧めです。
しかし!Amazonや楽天のレビューを見ていて思うのが、間違った選び方をしている人が非常に多いです(全然効かない!肌が荒れる!など…)。

そこで、元化粧品開発担当として、できるだけ正しい情報提供できればと思います。
商品はさらに追加し、一つ一つ随時更新していきますね。

購入参照のURLは、記事更新時点で購入される方にとって最適だと思う、一番お求め安いところのリンクをを張っています。
なので公式サイトの場合もあれば、Amazonや楽天市場の場合もあり、ばらばらです。

この記事の目次(この記事でわかる内容)

  1. 手汗の「軽度」な方に
    ・ロエグア
    ・テサラン
    ・ファリネ 
  2. 手汗の「中度」な方に
    ・オドレミン
  3. 手汗の「重度」な方に
    ・デトランスα

手汗の「軽度」な方に

こちらでは、手汗の症状が軽度な方、肌の敏感な方やお子さまには、
満足できる可能性のある制汗剤を紹介しています。

ロエグア

ロエグア

Q:どんな制汗剤?(成分など)

「手汗」をコンセプトとしたクリーム形状の制汗剤です。
効能と肌刺激のマイルドなパラフェノールスルホン酸亜鉛が主成分なので、この処方であれば、「顔」に使っても問題ないでしょう。
殺菌作用のあるシメン-5-オール(イソプロピルメチルフェノール)配合なので、ワキガの臭い予防もできます。

 

Q:使ってみた感想は?

使用した感じは、クリームが非常に柔らかく、手のひらに広げやすいです。
塗った直後は、少しヌルつきが気になります。

 

Q:選ぶと満足できる可能性が高い人は?

◯手汗が軽度な方、
◯肌の敏感な方、お子様

肌に極力刺激が少なく、はじめての制汗剤としてならいいかもです。
手汗には物足らない可能性があるので、その場合はワキに使用すれば臭い予防になります。

 

Q:選ぶと失敗する可能性がある人は?

×手汗が中度・重度な方

 

Q:オススメ度(と理由)

(2.0)

メリットとしては、肌に非常に優しい成分でできていること。
デメリットは、代わりに制汗力も少しマイルドな感じが見受けられ、手汗が結構ひどい私からすると
もう少しハッキリとした効果が欲しいのが正直なところなので、星★★とさせていただきました。


テサラン 

テサラン

Q:どんな制汗剤?(成分など)

「手汗」をコンセプトとしたクリーム形状の制汗剤です。
クロルヒドキシアルミニウムが主成分で、手やワキに良さそうです。
イソプロピルメチルフェノール配合なので、ワキガの臭い予防もできます。

Q:使ってみた感想は?

手が乾いた状態で塗れば比較的すぐに乾きます。塗ってからは、手のひらをコーティングしている感触が見受けられ、多少手を洗ってもまだコーティングした感じが残っているので、塗り直し回数は少なくて済みそうです。

 

Q:選ぶと満足できる可能性が高い人は?

○ 手汗が軽度〜中度の方
○ 肌の敏感な方、お子さま

 

Q:選ぶと失敗する可能性がある人は?

× 手汗が中度・重度な方

 

Q:オススメ度(と理由)

(2.0)

お子様や肌の敏感な方、手汗が軽度な方にはバランスの取れた処方かと思います。また使用感において、塗った感じも馴染みがよく乾いた手のひらに塗れば比較的すぐ乾きます。クロルヒドキシアルミニウムは、一般的にパラフェノールスルホン酸亜鉛よりも制汗力が強いとされているので、
パラフェノールスルホン酸亜鉛で物足らないという方には合うかもしれません。
少し価格がが高いので、★★★としました。


ファリネ

ファリネ

Q:どんな制汗剤?(成分など)

「手汗」をコンセプトとした、珍しい「パウダータイプ」の制汗剤です。
クロルヒドキシアルミニウムが主成分で、酸化亜鉛を含んだパウダーなのでサラサラしていて、速乾性があります。

 

Q:使ってみた感想は?

イメージをものすごい雑にいうと、ベビーパウダーに制汗作用のある有効成分を含ませたような商品です。
酸化亜鉛配合のパウダーなので、塗ったそばからサラサラになります。
ただし私はこのままテニスを試みると、過剰な汗に対し抑えきれなかったので、制汗力と持続性には少し物足らなさを感じます。
ただパフを塗って速攻でサラサラな感触を味わえるので、小一時間程度の効き目でよければ、とても使いやすいです。

 

Q:選ぶと満足できる可能性が高い人は?

○手汗が軽度〜中度の方
○お肌の敏感な方、お子さま

 

Q:選ぶと失敗する可能性がある人は?

×手汗が重度な方

 

Q:オススメ度(と理由)

(1.5)

公式サイトでは定期購入、Amazonでは9,000円程度するので、
使いやすい反面、持続時間が短いので、コストの高すぎ感が否めないです。
もう少し安ければ…というところが本音ですね。

手汗の「中度」な方に

こちらでは、手汗の症状が中度な方が、
満足できる可能性のある制汗剤を紹介しています。

オドレミン

オドレミン

Q:どんな制汗剤?(成分など)

日本で数少ない塩化アルミニウム配合の液体の制汗剤です。
情報では、日本規制の上限である「13%」を配合しているとされており、結構挑戦的な処方をしてますね。

 

Q:使ってみた感想は?

塗った直後は、少しヌルつきがありますが、気になる程度ではありません。悪くないです。
ただし肌はある程度荒れにくい方が使った方がいいかもです。私は、少し痒みを感じました。

 

Q:選ぶと満足できる可能性が高い人は?

◯手汗が中程度の方

 

Q:選ぶと失敗する可能性がある人は?

×手汗が重度な方
×肌の敏感な方

 

オススメ度(と理由)

(3.5)

メリットとしては、制汗力が強めであること。安価で気軽に手に入ること。
デメリットは、痒みがでたので、肌への刺激が少し気になる印象を持ちました。

手汗の「重度」な方に

こちらでは、手汗の症状が重度な方が、
満足できる可能性のある制汗剤を紹介しています。

デトランスα(オリジナル)

デトランスα(オリジナル)

Q:どんな制汗剤?(成分など)

デトランスαには、液体タイプと、ロールオンタイプがあります。
液体タイプは、汗を抑える力は強力ですが、少し肌刺激もあります。
ロールオンタイプは強さ別に3種あるので、おそらくあなたにとって最適な製品が選べます。
日本では、薬事の規制の厳しさゆえ、絶対に作ることができない製品です。
他の制汗剤の効能効果に満足できなかった方は、ぜひこちらをお勧めします。

 

Q:使ってみた感想は?

ロールオンタイプなので、ワキにも手にも使いやすいです。
とくにヌルヌルした感じもなく、コロコロ転がしてさっと塗れます。
夜寝る前に使用することで、汗腺の汗の出口を収縮させます。
最初は毎日使用していましたが、1週間後あたりからは2,3日に1回の使用でも汗が排出量が減りました。

 

Q:選ぶと満足できる可能性が高い人は?

○中度〜重度の方

 

Q:選ぶと失敗する可能性がある人は?

×肌の敏感な方

オススメ度(と理由)

(満点)

私の色々使った制汗剤の中で、最高レベルに制汗力の高い処方です。
私のように真剣に汗を止めたいと考えている方には、最もお勧めできる商品です。
趣味であるテニスをする前日の夜は、必ず塗布し、私も現在愛用を続けています。75万個と類を見ない販売量(10万個でも結構売れている方)なので、根強いリピーターが多いと言えます。

私は特に問題ありませんでしたが、唯一気をつける点があるとすると、汗を止める力が強い為、中には痒みを感じる方もいるようなので、肌の敏感な方は、少量ずつ使用するか、水を含んだコットンに垂らすことで濃度を薄めるなどをして、塗布の分量を調節しながら使用した方が良いかもしれません。

代わりに、制汗剤の中ではこの上なく高い制汗力を誇る製品です。重度の汗やワキガに真剣に悩んでいる方は、最もお勧めです。というかこのサイトから商品のほとんどはこちらの商品です。

 

制汗剤のデトランスα

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です