あなたの「手汗」はどのレベル?簡単な汗診断も【無料】

「手汗やばいんやけど、これは正常なん?
異常やったとしてどんなくらい異常なん?」

この記事の内容

  1. 手掌多汗症のレベル(グレード)は?
  2. 手掌多汗症のレベルに応じた治療法(目次)
  3. 手掌多汗症のレベルに応じた治療法(具体的)
  4. 簡単な「汗診断」ができるサイト

 

手掌多汗症のレベル(グレード)は?

手掌多汗症にも人によって、捉え方はさまざまです。

病院によって、そのレベル分けはさまざまですが、症状の度合いをレベル(グレード)で、分けている目安があります。

いろんなチェック項as目があったりもしますが、まとめてしまうと以下のようになります。

レベル1:(軽度) ・湿っている程度
・触ると汗ばんでいることがわかる程度。
・紙が湿る程度
レベル2:(中度) ・水滴ができているのが見た目にもはっきりとわかるほど、濡れている程度
・ハンドタオルで拭っても汗が出続ける状態
レベル3(重度の手掌多汗症): ・盛んに水滴ができて、汗が手のひらから滴下する程度
・水滴が落ちるくらい出るならレベル3

ちなみに私は、基本状態でレベル2程度、調子によって、レベル3のようになります。

レベル1くらいであれば、「制汗剤」だけで対処可能だと思います。

レベル2くらいなら制汗剤、それでもダメな場合は、「ボトックス」との組み合わせとかですかね。

レベル3までいくと、おそらく制汗剤だけでは心元なく、複数の治療を組み合わたりすることで対応となります。

手掌多汗症のレベルに応じた治療法(目次)

手汗のレベル①の方

①制汗剤(クロルヒドキシアルミニウム、ミョウバン、塩化アルミニウムのいずれか)
②ボツリヌス注射

手汗のレベル②の方

①制汗剤(高濃度の塩化アルミニウムなど、制汗作用の強めのもの)
②ボツリヌス注射

手汗のレベル③の方

①制汗剤(塩化アルミニウム)
②ボツリヌス注射
③胸腔鏡下交感神経節遮断術(ETS)

現時点で私なりのベストと思う対策方法です。

手掌多汗症の治療方法として、「イオントフォレーシス(電気での治療)」もありますが、繰り返し通い続けないといけないこと、あまり繰り返し続けると逆に効果がなくなってくるとのことで、あまり有効的とは言えません。

手掌多汗症のレベルに応じた治療法(具体的)

制汗剤での治療法

制汗剤はもっとも手軽にできる対策です。なのでこれから対策の一つとして考えているのであれば、
まずは制汗剤で対策してみるのが、費用や副作用の無さ、手軽さの面からベストな選択です。

ボツリヌス注射での治療

ボツリヌス注射は、ボツリヌス菌毒素を用いた神経毒素で、A型からG型までの7種類があります。
このうち多汗症の手術に使用されているのはA型で、交感神経から「発汗の指令」をしている「アセチルコリン」を抑制します。

方法は、手のひらに2cm感覚で注射をしていきます。すると3,4日から1週間程度で汗の量が減少して、
それからは約半年程度まで効果が持続します。

制汗効果はかなり高いわりに、これといった副作用もなく、とても有効的ですが
持続が半年程度なので、繰り返し受けないといけないというデメリットもあります。

胸腔鏡下交感神経節遮断術(ETS)

胸腔鏡下交感神経節遮断術(ETS) は、多汗症治療の最終手段とも言われています。
まずその効果の有効性はかなり高く、手のひらの多汗症に対して、ほぼ100%有効と言われています。

方法は、全身麻酔をして胸部の交感神経節を切り取るか焼き切る方法で、安全性は高いです。
ただしその効果の反面、代償性発汗と言って、手のひらの汗が出ない代わりに、背中やお尻などから、異常なまでの汗をかく副作用が見られます。

最近は、交感神経を最適量のみ取り除くことで、代償性発汗の汗の量をを抑えることができるようですが、
ほとんどの確率で代償性発汗がでることには変わりなく、本当に最終手段といっていい対策です。

簡単な「汗診断」ができるサイト

パースピレックス(デトランスα)のメーカーWEBサイトでは、どんな制汗剤がより適切なのかの簡単な汗診断もしています。

パースピレックス 公式サイト(英語です)

内容はとてもシンプルで、質問は全部で4つ。5種類の答えが用意されています。

質問01:「どのくらい」汗で困っていますか?

0. 日常生活で、気にしたことはない。
1. 日常生活で、時々困ることがある。
2. 日常生活で、頻繁に困っている。
3. 日常生活で、毎日汗に困っている。

質問02:「どこの」汗が気になりますか?

・アンダーアーム(ワキ)
・足汗、手汗

質問03:汗のどのような要因で悩んでいますか?

・「汗」そのもの
・汗による「ニオイ」
・「汗とニオイ」

質問04:どんな肌ですか?

・普通です
・敏感肌です

回答5種

・必要なし
・コンフォートタイプ(標準に比べて、より刺激の少ないタイプ)
・オリジナルタイプ(標準タイプ)
・ストロングタイプ(標準に比べて、より強力なタイプ)
・手汗・足汗用ローション

あくまでもカンタンな質問に対する目安なので、
あまり詳しいものではございません。笑

私個人としては、肌が強いわけではないので「敏感肌用」を使っていましたが、
「標準タイプ」であっても特に肌への刺激は感じなかったので、
現在はより作用が強く、肌刺激も気にならない「標準タイプ」をずっと愛用中です。

制汗する作用が日本製の制汗剤に比べて、とても強く、
真剣に「汗」や「ワキガ」を止めたい方には、デトランスαはかなりお勧めです。

選び方、デトランスα全4種の比較に関しては、結構がんばって記事を書いていますので、ぜひこちらも見て見てください。

関連記事

デトランスα全4種類の比較と最適な選択方法【どこよりもわかりやすく解説】 元化粧品開発者が真剣に選ぶ。ワキガを抑える強力なデオドラントランキング【厳選7選】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です