Q:制汗剤に使用期限はありますか?

A:もちろんあります。

化粧品の期限は、特に記載がなければ、製造日から”3年間”

医薬品医療機器等法では、「製造又は輸入後3年を超えて性状及び品質が安定なものは使用期限の表示を行わなくても差し支えない」としています。

つまり基本的に化粧品全般、未開封で、特に期限の記載がなければ、未開封で「製造日から3年は品質に問題がないこと」というのがルールとなっています。(未開封であっても、保管状態によっては劣化する恐れあり。)

しかし、販売して間もない商品が、実際に「3年の経過を観測して安全を確かめて販売」というプロセスを本当に踏んでいるでしょうか。

その答えは、ほぼNOといえます。

実際は、3年の経過を観測しているのではなく、みなし観測

実際は、経過観測といってメーカーによって多少変動しますが、温度変化(0度・40度)等の化粧品にとって劣化しやすい厳しい環境を人工的に作り、その中で3ヶ月から半年ほどの経過を見て、それで劣化していなければ、通常保管であれば3年は品質に問題ないに値すると同等としています。

 

ただそれは開封前という話。

特にロールオンタイプやスティックタイプ、パフで塗布するパウダータイプといったように、中身を直接肌に塗布するようなタイプの制汗剤は、雑菌が繁殖しやすく、劣化の原因となっています。

開封した化粧品は、ワンシーズンから1年以内に使いきることをおすすめ

開封後は少なくとも1年以内。

できればワンシーズン程度で使い切った方が良いと数あるメーカーは推薦していて、私の会社でも、開発商品はそのように定められています。

まとめ

  • 化粧品に記載がなければ、未開封で使用期限は、3年
  • 開封後は1年以内(できればワンシーズン)
  • 肌に直接塗布するタイプは特に早めの使用をおすすめします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です