ベビーパウダーで汗は抑えられるのか?検証

* 生まれたその日から使えるやさしさのベビーパウダー。
* 汗を吸収し、あせもを防いで、さらっと清潔な肌に保ちます。
と公式サイトで説明されています。

成分は、タルク、香料というシンプルな処方です。

実際に使って見ました。

最初は、やはり粉末なので、汗を吸収してくれてサラサラした感じを感じれます。
メリットとしてはその程度で、手汗のレベルがあまり重度でない方なら満足できるか可能性もありますが、こちらは収れん剤等の有効成分は含まれておりません。

やはり私のように中〜重度の、手掌多汗症となると、塗布して手が白くなるのをなくなるまで、擦り合わせる手間と、そのあとに汗をかいてくると逆にヌルヌルしてくるという新体験が起きたので、一定量以上の汗を出してしまう人には、「汗を抑制する」ことを目的とした商品としては、向いていないかもしれません。

「制汗作用」に対してのベビーパウダーのまとめ

メリット:
・安価である
・一時的なサラサラ感は得られる

デメリット:
・手が白くなるので、馴染ませる手間が少し面倒
・持続性がなく、手汗を抑制しきれない。

まとめ

ベビーパウダーは、「制汗」としては、不向きだと感じました。
本来の目的が、「あせもを防いで、さらっと清潔な肌に」というコンセプトなので、そもそも成人の汗を防ぐことには重点を置いていないので、当然といえば当然でしょうか。
制汗効果を狙うのなら、他の「有効成分」が含まれた「医薬品」「医薬部外品」が無難な選択だと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です