モンドセレクションって?化粧品の金賞の価値はどうなの?などをまとめてみた

モンドセレクション金賞の制汗剤使ったけどあまり効果なかったなあ。モンドセレクションを取っているんだから効果あるんじゃないの?というかモンドセレクションってよく考えたらそもそもなんの賞なの?
 

 

そういった疑問にお答えします。

この記事でわかること

 

  • モンドセレクションって何?がわかります。
  • モンドセレクションの評価の「しくみ」がわかります。
  • “金賞”などの各賞を取得にあたる「難易度」がわかります。  

ビールから食料品、化粧品にいたるまで、たびたび『モンドセレクション最高金賞受賞』とかグッドデザイン賞受賞等の賞を受賞している商品を見かけます。

商品を数多くみている人からすると、一見「あ。すごそう!」と思っても、たいして美味しくなかったり、たいしてよくない商品に出会うこともあります。

またいろんな商品が受賞しているのを見て「え?これも?」と思うことがあるかもしれません。

・この評価ってすごいの?
・そもそも何を基準に評価しているの?

という疑問にお答えできる記事を書いていきたいと思います。

モンドセレクションって何?

まずモンドセレクション自体のお話。

モンドセレクションは、1961年にベルギーにて設立された機関で、製品の試験・評価をして、受賞した商品は、「優秀品質銅賞」「優秀品質銀賞」「優秀品質金賞」「優秀品質最高金賞」といったカタチで賞を受けることができます。

さっそく結果から申しますと、モンドセレクションとは、例えば『制汗剤』であれば、制汗の「効能効果」の評価というよりも、どちらかというと「品質」の保証です。

ジャンルは以下の通り


モンドセレクションより引用(http://www.monde-selection.com/jp/)

公式ホームページに記載していますが、食品や飲料、化粧品などが評価対象の製品となります。
「制汗商品」といえば、こちらの「化粧品&トイレタリー製品」になるのですが、こちらのタグの中だけでも

  1. フェーシャルプロダクツ
    ・ローションおよびクリーム類
    ・ソープ類
    ・オイルおよびエッセンス類
    ・メークアッププロダクツ
    ・その他
  2. ボディープロダクツ
    ・ローションおよびクリーム類
    ・ソープ類
    ・オイル類
    ・デオドラント類
    ・その他
  3. ヘアケアプロダクツ
    ・シャンプー
    ・コンディショナー
    ・ヘアカラーリング
    ・その他
  4. マウスプロダクツ
    ・歯磨きペースト
    ・マウスウォッシュ
    ・その他
  5. その他の化粧品およびトイレタリー製品

といった5つのジャンルに分かれています。それにしても、

 

「金賞は1番じゃないの?それにしては少し多くない?」 

と思われるかもしれません。

それにはまず、こちらの賞が相対評価はなく、
絶対評価を採用していることが金賞を数多く出している所以です。

モンドレクション賞の種類

モンドセレクション受賞といっても実はいくつかの種類があります。
上位から紹介しますと、

  1. 優秀品質最高金賞
  2. 優秀品質金賞
  3. 優秀品質銀賞
  4. 優秀品質銅賞

となり、一口にモンドセレクション受賞といっても、
ランクがあります。

評価方法は?審査はきちんとしているの?不平なことはないの?

審査員する人は、

  • 化学者
  • 大学教授
  • 化粧品のスペシャリスト

等の専門家で構成されていて、それぞれの一流の専門家が、完全に独立して判断を下します。

評価基準は?評価が良い=良い製品じゃないの?

客観的に評価するため、評価基準におけるシートが用意されています。化粧品およびトイレタリー製品に関しては、約20の評価基準があるとされています。

内容としては、「使用成分のリスト」「製品の効用に関する正しい説明」「表示の根拠およびコンプライアンス」「強調表示と製品に含まる成分の整合性」「製品の革新的要素」「消費者向けに謳われている製品の科学的効用性」「謳われている効用が期待できるだけの有効成分が配合されているか」「使いやすさ(爽快感、香り、質感、浸透率)」「試用テストに基づく製品の一般的効用性」などです。

つまり、効能効果ももちろん評価基準ではありますが、衛生管理面、パッケージに表示されている内容の信憑性という点でも評価れます。

それが金賞=効能効果が優れた商品とは一概には言えない理由です。

疑問:なぜ「金賞」の商品が複数あるの?

それにはいくつかの理由がありますが、主な理由としては以下の3つがあげられます。

①_絶対評価であること

モンドセレクションは、他のコンテストやコンクールとは異なり、製品同士が比較されることはありません。
専門家審査員は、各製品固有の特性を考慮に入れ、多種多様な判断基準に沿って製品全体に対する評価を行います。

とありあす。

つまり他の商品と比べてどうこうではなく、この商品がモンドセレクションの「評価基準」に対してどうなのかが見られます。

こちらがモンドセレクションの「金賞」商品が複数ある理由の一つです。

②_効能効果のみが判断基準ではない。

審査員は、製品の味覚的、化学的あるいは細菌学的要素のみを評価するわけではありません。モンドセレクションでは、優秀品質銅賞、銀賞、金賞または最高金賞を授与するにあたり、製品を全体的に評価をすることが求められています。製品固有の性質や、消費者への情報伝達といった点も非常に重要であり、これらも考慮に入れて評価しなければなりません。審査員たちは味、健康強調表示、使いやすさ、表示、パッケージおよび革新性などの面から製品を評価します。どのポイントを重視するかは、製品によって異なります。

としています。

つまり金賞を受賞しているから、優秀な商品という印象がありますが、
それはあくまでもいくつもある審査基準からの総合的な得点です。

モンドセレクションより引用(http://www.monde-selection.com/jp/)

上記のように、モンドセレクションの絶対評価で、60点以上からラベルが授与されます。

80点以上で「優秀品質金賞」、90点以上の高評価の場合は「優秀品質最高金賞(金より上があるんかい)」が送られます。

モンドセレクションの受賞率は?

この表のように、応募された商品の「90%以上」が、60点以上を取得。つまり何かしらの賞を受賞したことになります。
つまり応募する商品の10件に9件は、モンドセレクション賞を付与されることになります。

といった感じで応募したアイテムの半数近くが「金賞」を取得しています。

③_受賞すると3年間アピールを続けて良い。

一年に一度開催されて、昨年は2965点(2017年)ものアイテムが審査をされました。
内、アジア件のみで2109アイテムとほとんどがアジアが占めています。

これらがモンドセレクションにおいて、金賞を多く見かけている理由となります。
※ただ、受賞内容は「非公開設定」も可能とのことで、それが本当であれば実際はもう少し「賞無し」商品も多い可能性は高まります。

申し込み方法

申し込み方法は、比較的カンタンです。

1.まず申し込みの用紙をホームページ(http://www.monde-selection.com/jp/Registration_process.asp)からダウンロードし、必要事項を記入し送付する。
2.製品のサンプルを1種類につき、4点送付します。
3.あとは結果を待つのみとなります。

書類は英語にて記載する必要があります。

モンドセレクションのまとめ

申し込みがカンタンで、金額もあまり高額でないので、毎年数多くの商品が申し込みされています。(特に日本から)
モンドセレクションを受賞しているから、とても意図した目的に優れた商品というよりは、効能効果も評価基準には入りますが、品質等の総合的な評価によって受賞する賞が異なってきますので、モンドセレクションは、品質においての賞と認識する方が良いかもしれませんね。

以上です。
これでモンドセレクション受賞商品が、「なんとなくすごそう!な商品」から「品質の良さが認められている商品」として認識できますね。笑

参照元:
公式ホームページ(http://www.monde-selection.com/jp

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です