汗に匂いはない?ってホント?

汗をかくことは悪いことではないですが、
なにやらベタベタしたり、汗染みが気になったり、匂いが気になったり
あまり気分的には良くはなかったりしますよね。

今回は、汗の匂いに纏わる情報を書いていきたいと思います。

汗をかいたあと、
Tシャツの首もとを引っ張って、自分の匂いを確認したりしませんか?
私はこれをコンマ2秒ほど高速で確認することができます。

そしてほんのりと香るシトラスハーブの香り、、
と言いたいところですが、
私の汗はそんな爽やかないい香りではございません。

汗をかくと、ムンムンと臭ったりしますが、実は”汗”自体は、ほとんど無臭です。
体臭は、汗などの皮膚にいる”雑菌”が分解することで、本格的に臭いが発生します。

今回はその匂いの対策を記事にしようと思います。

清潔に保つ

まずは、汗の匂いを気にしてこのサイトを見ている方であれば、
ほとんどの方しっかりとケアしているとは思いますが、

身体をしっかり洗わないでいると、皮膚にいる細菌の数が増えてしまうため、
汗の成分が、分解・発酵されて、それが電車の中でもんわり香るようななんとも言えない香りを発することになります。

なので、毎日シャワー時にはしっかりと身体を洗い、
汗が出てしまった際は、
殺菌・消臭効果のある、脇汗対策(BAN等)や、対策汗拭きシートなどで
さっと拭き取ることが大切です。
特に、脇などのアポクリン腺が多く存在している箇所は、より注意して清潔に保ちましょう。
(ちなみに脇毛は剃るor脱毛する方が、匂いは軽減されます。)

適度な運動をする

こちらも汗に悩まれている方なら聞いたことがあるかと思います。
「適度な運動をして汗を流しましょう。」
といったことです。

ではなぜ、汗を流す必要があるのでしょう。
現代人、特にクーラーガンガンの部屋でパソコンぽちぽちしている職業の人たちは、(私もほぼ同様の仕事です。)
老廃物云々が身体に蓄積されています。

そのため、老廃物・臭いの成分などがいざ外にでた時に、
濃厚な臭いを発することとなります。

なので、普段から、体内の老廃物や臭いの成分を、汗とともに外に出すことで、
かく汗の質を、濃厚なモノから爽やかなものへと変換させることができるのです。

詳しくはこちらもどうぞ。
→ 爽やかな良い”汗”をかくため運動方法を一生懸命考えてみた。(url)

なので、あなた上記の運動などを参考に、週2〜程度は適度な運動を心がけてはいかがでしょうか。

食事に気をつける

普段あなたが食べるものの中で、
体臭が臭くなる食べ物は以下です。

・肉類
・動物性脂肪酸(チーズや牛乳)
・ファストフードやカップ麺等、ジャンクフード
・辛い食べ物(キムチ等)
・アルコールやカフェイン
等です。
なので単純に上記の食べ物を極力控えることで体臭を軽減することができます。

またさらに防臭してくれる食べ物も紹介しますね。

体臭が消える食べ物




かといって、食べ物も徹底しすぎるというよりは、
”継続”が大切なので、無理して一時的なモノにせず、
無理なく継続できる範囲での制限が大切です。

まとめ
動物性タンパク質、動物性脂肪酸の摂取が多いと体臭がキツくなるので控えめに。(外国人は日本人より体臭が強い傾向があるのも、少なからずこちらに起因します。)
逆に、 腸内の環境を整える為に

_

最後に汗の匂いを抑えるポイントまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です