汗の原因は何?発汗原因の学習

汗をかく要因による影響

「汗」は、皮膚にある「汗腺」という汗が出る穴から出てきます。

この汗腺は、人の皮膚にまんべんなく広がっており、汗腺の量や汗腺から一度に出てくる汗の量には個人差があるため、汗腺が多く、汗をかきやすい人もいれば汗腺が少なく、汗をかきにくい人もいるということです。また、『手汗』『脇汗』『顔汗』『足汗』などの各部位によって汗は異なり、人が一日にかく汗の量に関して、何リットル汗をかくと汗かきに値するという明確な決まりはありません。

人より汗をかく量が多いと感じたり、特定の場所に集中的に大量の汗が出る場合、自分は汗かきな方なのかもしれないと感じることがあると思います。

そもそも、なぜ人は『汗』をかくのでしょうか。汗の最も重要な役割は「体温の調節機能」です。汗が体の外へ出て蒸発することで、熱を外に逃がして体温のバランスを保っているのです。そして、人がかく汗には大きく分けて三つの種類があります。

[aside type=”boader”]

・汗がでるきっかけとして、体温調節を目的とした『温熱性発汗』、

・緊張や不安から出る汗、『精神性発汗』

・辛い食べものを食べた際にでる『味覚性発汗』

[/aside]

があります。

温熱性発汗とは

体温調整を目的とた『温熱性発汗』では、手汗・足汗を除いた全身に汗をかきます。

暑い時・激しい運動をした際に上昇した体温を下げる目的で発汗し、激しいスポーツなどをすると1時間少々で2Lもの汗をかくこともあります。

精神性発汗とは

『精神性発汗』では、主に手汗・足汗に汗をかきます。

異性と手を繋いだり、面接の際、プレゼンテーション等で人前で話すときに手に汗をかいたりはしませんか?そういう際の原因とされているのが『精神性発汗』とされています。

味覚性発汗とは

『味覚性発汗』では、主に額や鼻の上などに汗をかきます。単純に汗香辛料のきいたカレーや激辛ラーメン等を食べると単純に汗をかきますよね。こちらは味覚性発汗と呼び、反射的におこる現象なので、あまり気にすることもないと思います。

次に、人より多く汗をかいてしまう原因について

次に、人より多く汗をかいてしまう原因について

汗が大量に出る原因として、何らかの病気か、ホルモンの分泌や自律神経による乱れなどが考えられるようです。

また、何もしていないのに汗が止まらず、手のひら、足の裏、脇など特定の場所から大量の汗をかく場合は、『多汗症』の可能性があり、この『多汗症』は、神経障害によるもので、手のひら、足の裏や脇という部位からの過剰な発汗を認める疾患といわれています。

多汗症にも人によって症状が異なっていますが、軽症の場合では、物を持つときに一時的に汗が増加する程度で、重症の場合は、滴となってしたたり落ちるほどの多量の汗がみられるといわれています。

緊張や不安、ストレス(精神的な刺激)

汗腺の衰え(運動不足)

食生活の乱れ

睡眠不足

ホルモンバランスの乱れ

遺伝

続きは、また後日記載します。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です