わきがは遺伝?遺伝の確率や原因と解決方法を解説

困っている人

ワキガって遺伝するって聞きました…
私は「わきが」なんだけど、
なら自分の子もわきがになるの?
何か対策はないのかな??

今記事は、ワキガの遺伝についてのお話です。

目次
1.ワキガ体質は遺伝する。割と高い確率で
2.遺伝以外でもワキガになるか?
3.ワキガになった際の最も良い対策は?

ワキガ体質は遺伝する。高い確率で

ワキガ体質は遺伝します。
ふつうにします。

私は片親のみがワキガなのですが見事にワキガです。

ワキガ体質が遺伝する確率

医学的には、両親共にワキガであれば80%、片親がワキガであれば50%が遺伝すると言われています。

・両親がワキガ:80%
・片親がワキガ:50%

またワキガであることは優性遺伝です。

優性とは「受け継がれやすい」という意味です。

親族や家族にワキガの人がいる場合は、子供がワキガになる可能性は思いのほか高いです。

遺伝した子どもは何歳からワキガになる?

ワキガの原因はアポクリン腺から出る汗です。

なので遺伝の場合はこのアポクリン腺が活性化する思春期ごろ(13-15歳頃)あたりから、ワキガ臭がし始めます。

現に私もこの頃から発症をしていて、学校の友達に間接的にですが臭いと言われて、反論も出来ずとてもショックを受けたことを今でも覚えています…

子供の頃は、人によってはふつうに「臭い」と言われることもあり、イジメの原因にもなり兼ねません。幸い私はイジメこそありませんでしたが、陰で言われている可能性はあったと思います…

男の子:9~13歳
女の子:7歳~13歳

血液型とワキガの関係はある?

ワキガは染色体が関係しているので、血液型とはまた別で関係ありません。

日本人のワキガ率は?

日本人のワキガ率は、10-15%程度なので、10人に1人の割合でワキガです。

海外だとほとんど全ての人がワキガという人種もいるのですが、日本ではかえって目立ってしまいます。

なんでこの僅か10%を掴むんだよ。と言いたいところですが、なってしまったものは仕方ありません。

ちなみに男女比は、男性が30-40%、女性が60-70%とされていて、意外にも女性の方が多いです。

・黒人:ほぼ100%
・白人:70-80%
・日本人:10%
・中国人:5%

簡易的なワキガチェック

・耳垢が溶けたキャラメル状
・下着が黄ばむ
・ワキ毛が多いほうだ
・ワキ汗が多いほうだ
・両親もしくは片親がワキガだ

上記は、ワキガの人の特徴の代表的な5項目です。

3つ以上当てはまるならワキガの可能性は高いでしょう。逆にもし当てはまらないなら症状が軽度か、もしくは気にしすぎということもあります。

遺伝以外でもワキガになるか?

さて、ここまでは遺伝のお話をしてきましたが、以下から遺伝以外でもワキガになるのか?のお話です。

アポクリン腺の数は生まれつき決まっています。なのでワキガ体質かどうかは遺伝によるものです。

ただし、アポクリン腺が出す汗の量や質は、ある程度生活習慣などで変わります。つまり正しく対処すれば「ある程度コントロール出来る」ということです。

ワキガになる遺伝以外の要因は?

・食生活(肉が中心)
・ストレスや疲れなどの、精神的要因
・お酒の飲み過ぎ、喫煙
・汗をかかない

などです。生活習慣も影響しています。

疲れた時に特に酷くニオうことってないですか?私は年に数回、こんなに強かったっけ?と思うくらいニオイを発している日があります。

それは体調によっても変わるのですが、ワキガ体質も生活に影響されているということになります。

ワキガを解決する方法は?

ワキガの遺伝は、現状避けて通れません。

私はまだ結婚していませんが、生まれてくる子供もワキガだったらと思うと少し申し訳ない気持ちになります(まだ結婚してないんですけどね)…

ただこれは変えられないことなので、そのあとの対応次第だと考えています。

私も生まれて来なければ良かったと思った時期もありましたが、ずっとそのように考えているわけではなく考えることに飽きた?のか今はそこまで深刻に考えていません。

 

体質を大きく変えることは簡単ではありませんが、ワキガへの対応の方法は、たくさんあります。

ここで全て述べるとエゲツない文字量になってしまいますので簡易的に紹介しますと

・土台づくり的なワキガへのアプローチ
・直接的なワキガへのアプローチ

の二つに分かれるのかなと思います。

土台づくり的なアプローチ

・食事(肉類、乳製品、揚げ物を控える)
・アルコールの摂取を控える
・喫煙を控える
・日頃から汗をかいておく(半身浴など)
・ストレスを溜めない

直接的なワキガへのアプローチ

・塗り薬(制汗剤、デオドラント製品)
・ボトックス注射(ボツリヌス菌注射)
・電気治療(ミラドライなど)
・汗腺をメスで取り除く手術(剪除法、切開法)

こんな感じですね。

細かく言えばたくさんあるのですが、病院によっての手術方法の名前や、機械名だったりするので大まかな一覧です。

中でもまずは塗り薬である、デオドラント制汗剤がオススメです。

ボトックスは割とオススメですが、半年に1回注射を打つことになるので費用も嵩む事がネックです。

代償性発汗という別の場所から汗が出る症状が起こりますし、それが嫌だと言っても手術は不可逆性のものなので、一度手術して取り除いた汗腺は元に戻りません。

結論:ワキガは高確率で遺伝する。なのでそこは潔く諦めるほかなく、遺伝以外の要因を対策すべし

わきがは、100%ではないまでも高確率で遺伝します。

遺伝という要因はどうしようもないので、対策をしてわきがと向き合っていくことになります。

手術を省いた場合、食生活に気をつけたり肌を清潔に保つこと、また制汗剤やデオドランクリームを使用するなどの対策方法があるので、まずはそこから始めてみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です